スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対-日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会の中川俊男常任理事は1月13日の定例記者会見で、同日の中央社会保険医療協議会(中医協)の総会で示された「2010年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)」に対する日医の見解を発表した。見解では、整理案で示された15対1入院基本料や療養病棟入院基本料の「適正化」について、「引き下げを意味しているのであれば反対」との考えを示している。

 整理案では、(1)病院と診療所の再診料を統一する方向で検討する(2)外来管理加算の時間要件を廃止し、新たな要件などを検討する(3)「一般病棟15対1入院基本料」の評価の適正化を検討する(4)「療養病棟入院基本料」を適正化する(5)手厚い看護職員の配置を行う有床診療所の評価を新設する(6)特定機能病院でも小児入院医療管理料の算定ができるよう検討する(7)在宅療養支援病院の拡充を図る-などが今後の方向性として示された。

 見解では(1)について、診療所の再診料引き下げによる統一は「認められない」とした上で、病院と診療所の再診料の統一は段階的に行うべきとの考えを改めて示した。
 (2)の「5分要件」については、患者の待ち時間が長くなり、時間の計測が医師の診療上の妨げになっているとの調査結果を示した上で、4月の報酬改定で撤廃するよう主張。また、外来管理加算のあり方については、12年度報酬改定に向けて時間をかけて議論すべきとした。
 (3)ではまず、入院基本料は全体的に引き上げるべきとの考えを示した上で、「適正化」が引き下げを意味するのであれば「反対」との考えを示した。また、医療経済実態調査の結果から、「15対1(を算定する病棟)はなんとか再生産が可能な利益を確保できているに過ぎない」と指摘。国公立病院を入院基本料別に比較すると、「15対1の赤字幅がもっとも大きい」とした。
 さらに、整理案で「(看護職員の)月平均夜勤時間を72時間以内とする要件だけを満たせない場合の評価を新設する」とされたことについては、評価の新設ではなく、要件そのものを緩和するよう求めている。
 (4)については、「一部引き下げを意味しているのであれば反対」との考えを表明。さらに、拙速な判断は避け、中長期的計画の下で療養病床を維持し、その評価を手厚くする必要があると指摘した。
 (5)については「賛成」の考えを示した上で、重要課題として、▽入院基本料の全体的な引き上げ▽長期入院患者への適切な評価(入院期間31日以上の入院基本料の引き上げ)▽入院期間14日以内の適切な評価(入院基本料逓減7日以内を14日以内にする)―の3点を改めて示した。
 (6)では、特定機能病院が小児科医の確保を進め、地域医療の現場から小児科医が失われかねないとして「反対」の考えを表明。
 (7)については、在宅支援診療所の役割を十分議論することなく病院を拡大するのは「拙速」とし、在宅療養支援医療機関の役割について議論を深めた上で、病院に拡大する場合には要件を限定的にすべきとした。

■軽症患者からの特別料金徴収に慎重姿勢-中川常任理事
 また整理案では、救急病院などを受診した軽症患者から、「一定の条件」を満たした場合に「特別な料金」を徴収できるよう検討する方向を打ち出したが、これについて中川常任理事は、「患者は必ずしも自分が軽症と思って来るわけではない。もう少し議論を深める必要があるのではないか」と慎重な姿勢を示した。また、この問題の背景には勤務医の疲弊などがあるとして、その根本原因として医療費抑制の問題を指摘した。


【関連記事】
【中医協】「中医協の権限縮小の意図が政権に」-診療側・安達委員
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議
病診の再診料統一は「段階的に」-日医
中医協の論点踏まえ、入院基本料で要望―日医
診療報酬改定率「小幅過ぎる」-日医見解

トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ(産経新聞)
<直木賞>白石一文さん、佐々木譲さんに 白石さんは初の親子受賞(毎日新聞)
<雑記帳>「嫁入り舟」の花嫁と花婿を公募 千葉・浦安(毎日新聞)
精鋭400人、降下訓練始め 陸上自衛隊(産経新聞)
絵筆が癒やす伴侶の死 震災乗り越え、脳性まひの女性が個展(産経新聞)
スポンサーサイト
プロフィール

ふじかわひとしさん

Author:ふじかわひとしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。